第25回JSBA全国テクニカル選手権中部大会にて、FNX-WAX Riderが上位独占!


 第36回JSBA全日本スノーボード選手権中部地区大会、FNX-WAX Riderが活躍!





NEW2018-2019season FNXnanotech WAXの製品情報

気温・雪温・天候の変化などに対して広い対応力をもつ、ハイテクノロジーWAXである、 FNXが今シーズン新たに新製品&新シリーズを発売します。

1.なま塗り専用WAX 「nano3」「nano5」
nano5,nano3  新型フッ素を配合した高速パラフィンが驚きの高速力を獲得! 「nano5」はレースのスタートWAXに匹敵される程の高速性があり、「nano3」はなま塗りなのに持続性抜群。初心者から上級者まで「なま塗り」という一番簡単な作業で、ボード&スキーで高速を実感できます。
 ⇒新型フッ素の混入によりパラフィンがマイクロ単位に細かく滑走面に吸着します。目には見えませんが滑走面はマイクロ単位の穴があいており、ゴツゴツしたデコボコになっています。その小さな凸凹穴の中にマイクロ単位でこのWAXが吸着することで高速性能と持続力を獲得しました。

2.四種類のWAXカテゴリー全てに、チューブ状になったペーストWAXが新発売
past wax  滑走面に簡単に伸ばして、アイロンで加熱作業すれば、パラフィンWAXのアイロン作業とほぼ同じ効果が獲得できます。もちろん、塗って、コルク圧着でそのまま滑ることもできますが、アイロン等の熱作業を加えると、持続性&高速性も一段と向上し、注目すべきは、アイロン設定温度は80~90度で可能、すなわちパラフィンWAXのアイロン作業のように100℃~120℃の高温は不要です。
滑走面やエッジ際の高温による損傷は全く心配ありません。新WAXの世界を活用&実感ください。


3.WIN RECING WAX
win racing wax WIN RACING RIQUID   GOLDラベル&SILVERラベル 全天候・全雪質対応力を兼ね備えたレース専用の高速スタートリキッドWAXとして完成しました。持続性もGOLD 約2km SILVER 約1km(雪質により異なります) ゴールド&シールバーモデルの2種類ですが、高速性能&雪質対応力も同等です。フッ素&添加物の含有量の違いで、価格が分かれております。


FNXワックスのコンセプト

  • FNXnanotech WAXは雪上を高速滑走するため、WAXの素材(パラフィン)が含有する ハイテク添加素材(高速フッ素・マイクログラファイト・マイクロモリブデンなど)を 最高水準で活用、FNXnanotech WAXはワックス自体が滑る独自理論で繁雑な従来のワキ シングから、誰もが簡単に利用できるワックスを目標に関発しています。

FNXワックスの特徴

  • 最新のスピード滑走面に対応した新型nanotech WAX!FNXワックスは、最新のボード&スキーのスピード滑走面を雪上でより「高速化」&「操作性の向上」を目標に、新型パラフィンにフッ素化合物、および摩擦抵抗を軽減するマイクロモリブデンやフラーレンを最新技術で混合することで製造した、ナノテクノロジーWAXです。
  • 幅広い雪質・雪温対応力を持ったWAXなので、今まで大変難しかった、雪や気温に合わせたWAX選定の作業が軽減または、不要になりました。(最近のスキー・スノーボードの滑走面は、粒子の細かいシンタード製法による硬いポリエチレン系の素材が使用されています。既に、中・上級者製品もレースと同じ滑走面が使用されるようになってきました。)
  • 「FNXワックスは幅広い雪質・雪温対応力を持った新時代のWAX!」ベースワックスは不要!FNX WAXは最新のシンタード滑走面に対し直接粘着力を持った製品なのでベースWAX等の下地WAXは不要です。


FNX-wax FaceBook

先頭ページへ