ライダー紹介


岸 正美
ホーム 爺ガ岳
スタイル フリーカーブ
経歴 元JSBAプロスノーボーダー
スラローム3年連続総合優勝
JSBA第二期、第三期、第四期デモンストレーター
WAXについて:優れている点としては1つのワックスがマイナス10℃からプラス10℃まで対応していること。 対応の幅が広いということは、オールラウンドに適当に対応していると思われがちだが、そこがFNXのちがうところ。 素晴らしい滑走性が期待できます。 何度も重ね塗りする手間もいらず、期待に応えてくれるワックスです。
越 博
ホーム アサマ2000スノーパーク
スタイル テクニカル、フリーライディング
経歴 KAGAYAKING,WILD CARD出演
JSBA第十三期デモンストレーター
WAXについて:年々進化を続けるFNX! とにかく良く走ります。
使いやすさと温度域の広さも有難いです^ ^
山田 恵
ホーム わかぶな高原スキー場
スタイル フリースタイル
経歴 Melissa出演
第24回JSBA全日本テクニカル選手権大会 中部地区予選 優勝
第24回JSBA全日本テクニカル選手権大会 5位入賞
WAXについて:
野田 義喜
ホーム
スタイル
経歴
WAXについて:
西村 知泰
ホーム
スタイル
経歴
WAXについて:
仲原 敦
ホーム 鹿島槍スキー場
スタイル テクニカル
経歴 AZプロスノーボーディングスクール校長
JSBA第十一期デモンストレーター
WAXについて:信州の雪にも良く合うFNX。
練習から本番までいつも僕のパートナーです!
中久保 良平
ホーム 戸隠スキー場
スタイル アルペンレース
経歴 第35回JSBA全日本選手権 シニア男子GS優勝DU2位
WAXについて:昨シーズン全日本で優勝できたのはFNXワックスのおかげです。緩斜面でのスピードは半端なかったです。
とにかくFNXワックスは凄く簡単に塗れて短時間で最高です。
桐山 淳一
ホーム スノーリゾートアルコピア
スタイル フリースタイル
経歴 16-17 岐阜県技術選手権大会 優勝
16-17 東海北陸技術選手権大会 準優勝
15-16 岐阜県技術選手権大会 優勝
15-16 全日本技術選手権大会 16位
15-16 47CAP(フリースタイル) 優勝
WAXについて:今までのWAXの概念が変わってしまうWAXです。 パウダーからベタ雪までオールシーズンを通して簡単スピーディーに対応してくれます。 大会やレースでも抜群にもちあじを発揮してくれます
中川 海秀
ホーム
スタイル
経歴
WAXについて:
小林 創也
ホーム 赤倉観光リゾートスキー場、赤倉温泉スキー場
スタイル テクニカル、フリーライディング
経歴 雑誌snowboarderカタログ号
carveman WILD CARD 04
JOINT 15 Line
第24回全日本テクニカル選手権 中部地区大会 優勝
WAXについて:使いやすさと持続力、温度域がとても広く、様々な雪質に対応してくれます。
よく滑るワックスなのでとても重宝してます。
蔵原 愛
ホーム
スタイル
経歴
WAXについて:
星野 妃香
ホーム 富士見パノラマ
スタイル テクニカル
経歴 BGHスノーボードスクール所属(スーパーバイザー)
第19回JSBA全日本テクニカル選手権大会 フリースタイル女子11位
WAXについて:FNX waxはアイロンを使わずに手軽に使えて、そしてよく板がはしる!
持ち歩きもできて凄く便利です。
駿河 涼一
ホーム
スタイル
経歴
WAXについて:
酒井 秀也
ホーム
スタイル
経歴
WAXについて:
山田 雄平
1986年北海道札幌市生まれ。
3歳からスキーを始め、中学2年の時にツインチップを購入しハーフパイプで有名だった真駒内スキー場に通いだす。
また大学在学中に始めた写真は、これまでに広告やカタログへの採用実績多数。自分が“撮影した”写真と、自分が“撮影された”写真が一冊の紙面に掲載されることもあり、ライダーと同時にフォトグラファーとしても活躍する類稀な存在。
ライダーとしてはストリートからバックカントリーまでこなすオールラウンダー。スイッチバックフリップやクリフドロップなど、度胸と身体の丈夫さを生かしたトリックが得意。
テレビ東京系スキー番組 LOVE SKI HOKKAIDO内[Hokkailoco] 初年度出演ならびに撮影。
iF3 VideoQuest 出演者として2年連続受賞
プロダクション Huck out DVD作品[equal] 出演ならびにカバーショット撮影

Sponsored : Icelantic Skis / Panda Poles / Team Rescue Wax / オカモトサイクル / OSKAR Inc.
西條 聡
1982年奈良県西吉野村生まれ。
雪山を求めて大学進学で石川県に移住。
そこでフリースキーとアグレッシブインラインスケートを始め、それ以来アクションスポーツの世界に身を置く。
プレイヤーとして楽しむ一方で写真撮影にも興味を持ち、2015年より「Satoshi Saijo Photography」を立ち上げアクションスポーツ全般の写真、そしてずっと憧れていた天体写真を撮るようになる。
撮影を続けるうちに他の人には撮れない自分独自の写真は何なのかと考えるようになり、得意分野である星空とアクションスポーツを融合させた写真、「エクストリーム星景写真」を考案。
SNSで被写体を募集したところ、ICELANTIC/Foorushの河野祥伍と意気投合、2016年に初めてエクストリーム星景写真の「星空スキー」を実現させた。
その後星空スキープロジェクトにFoorushの他のメンバーも加わり、まだ見ぬ一枚を求め撮影を続けている。

Newschoolers.com 「Photo of the Day」多数受賞。
スキー雑誌「Ski Journal」2017年9月号に星空スキーで巻頭掲載。
天文雑誌「星ナビ」2018年4月号に表紙写真採用、星空スキー特集掲載。
フランスの「FISE UP MAG」の日本特集でスキー写真を19P掲載。
伊藤 ルカ
2004年2月21日生まれ。長野県白馬村出身。
スキー・スノーボードインストラクターの経歴を持つ両親の影響と、白馬村という土地柄もあり、幼少の頃から自然とスキーに親しむ。小学校の授業でスキージャンプ、クロスカントリー、アルペンスキーとひと通りのスノースポーツを経験。小学3年生でSAJジュニア検定1級を受験し合格。
興味から小さなキッカーを飛んでみたのをきっかけに、フリースタイルスキーの魅力にはまる。小学2年生の冬から本格的に練習を開始。その後トランポリンやウォータージャンプでの練習も開始した。小学4年生の時に出場した大会の8mのヒップを全飛びし、初優勝した事でもっ ともっと上達したいと更に練習を強化。練習の甲斐があり、小学6年生の時、ダブルロデオのメイクに成功。中学1年生の時、日本人初のダブルミスティーのメイクに成功した。
和田 祐依
青森県出身、山形県在住の美大生フリースキーヤー
幼年期から雪かき後に溜まった雪でスキーやソリをして遊びながら自然にウィンタースポーツに慣れ親しむ。
ホームゲレンデは猫魔スキー場。夏場はウォータージャンプやトランポリンなどでオフトレにも力を注いでいる。
2018からアートと自然の融合に大きなコンセプトをおいている Icelantic Skis Japan 唯一の女性ライダーとして活動。
現役美大生という面も持ち合わせた、アーティストライダー。
先頭ページへ